偏頭痛 サプリ

 

偏頭痛が招くかもしれない病気とは?

 

偏頭痛というのは、他に何か重大な病気が発生している前兆の可能性があります。もし長期間続くようであれば、医療機関を受診してみるべきでしょう。

 

脳の病気の可能性もある

 

偏頭痛が発生した場合、脳の病気が発生している可能性もあります。例えば脳梗塞やくも膜下出血、脳腫瘍などが挙げられますが、必ずしも脳の病気だとは限りません。

 

しかし、長期間偏頭痛が改善されない場合には、脳の病気の可能性があるので、医療機関で検査してみるのがよいでしょう。同時に熱を測っておき、医療機関を受診したときに報告しておくべきです。

 

高血圧の人は偏頭痛になりやすい

 

偏頭痛が定期的に発生する人というのは、高血圧の可能性もあります。高血圧の人というのは、血管に負荷がかかっているので、いろいろな場所に影響が出やすくなっているのです。

 

血管というのは全身に通っているので、頭の部分に影響が出てしまうこともあります。高血圧の人の場合には、偏頭痛が発生するということを医師に告げておき、適切な処置をするべきでしょう。

 

低血圧でも偏頭痛が発生する

 

高血圧の人に偏頭痛が発生しやすいのですが、実は低血圧の人にも発生しやすいと言われています。そのため、血圧は常に正常な状態を保っておく必要があります。

 

低血圧は女性がなりやすい傾向にあり、だるさや食欲不振、睡眠不足やたちくらみなど、いろいろな症状を引き起こします。この中に偏頭痛もあるので、低血圧の人も油断はできません。

 

偏頭痛に効くサプリはどんな成分?

 

偏頭痛を改善する方法はいくつかあるのですが、その1つがサプリメントです。ただし、偏頭痛を改善できる成分のことを知っておかないといけません。

 

偏頭痛に効果的なフィーバーフュー

 

偏頭痛によく効くとして、外国ではフィーバーフューという植物を食べる習慣があるところもあります。マトリカリアという名前で、園芸店でも売られていることがあります。

 

ただし、葉をそのまま食べると苦いので、お茶にしてハーブを加えて飲むとよいでしょう。一部のサプリメントにも使用されているので、探してみてはいかがでしょうか。

 

マグネシウムが効果的

 

マグネシウムという名前は聞いたことがあるでしょうが、実はマグネシウムが偏頭痛に効果があると言われています。マグネシウムはサプリメントにも多く使用されているので、比較的摂取しやすいでしょう。

 

薬局でもマグネシウムが販売されており、家で簡単にマグネシウム水が作れます。これを料理に使用することで、効率的にマグネシウムが摂取できるようになるでしょう。

 

痛みを取るという意味があるオオイタドリ

 

よくサプリメントに、オオイタドリという植物が使用されています。このオオイタドリというのは、大痛取と書きます。ようするに大きな痛みを取るという意味があるのです。

 

このオオイタドリも偏頭痛に効果的だと言われています。漢方薬などにも使用されている植物であり、効果も期待できるでしょう。もし偏頭痛が頻繁に発生するという人がいたら、試してもらいたい成分の1つです。

 

偏頭痛の原因になりやすい食べ物に注意!

 

食べ物によっては、偏頭痛になりやすい物もあります。このような食品は、極力取らないようにするか、少量のみにしておくことが重要です。

 

スナック菓子は控えることが重要

 

スナック菓子を多く摂取すると、偏頭痛になりやすいと言われています。なぜなら塩分が多いからなのですが、食べ過ぎると肥満や高血圧の原因になることもあるのです。

 

さらにチョコレートもあまりよくありません。なぜならチラミンという成分を多く含んでいるからです。スナック菓子の量は極力控えておき、偏頭痛がない人でも大量摂取は止めましょう。

 

ポリフェノールが多い物もダメ

 

体の老化を防ぐと言われているポリフェノールも、大量摂取は偏頭痛の原因となります。ポリフェノールが多いと言われているのは赤ワインですが、アルコールも偏頭痛にはよくありません。

 

そのため、頭が痛い場合には、赤ワインの摂取は控えましょう。健康なときであれば、ポリフェノールに関しては、適量であれば摂取しても問題はありません。

 

カップ麺も偏頭痛の原因になる

 

最近いろいろな種類が存在しているカップラーメンですが、このカップラーメンも片頭痛の原因になります。なぜならグルタミン酸ナトリウムという成分を多く使用していることが多いからです。

 

このグルタミン酸ナトリウムは、スナック菓子にも多く含まれています。しかし、グルタミン酸ナトリウムはうま味成分でもあるので、どうしても摂取してしまいがちですが、十分注意しましょう。

 

頭痛薬の副作用と注意点

 

酷い偏頭痛が起こったとき、みなさんはどうしますか?もちろん頭痛薬で痛みを治めるのではないかと思います。

 

偏頭痛は人によってはとても我慢できないほど酷い痛みを訴える場合もあり、放っておけないならば当然頭痛薬を用いると思います。しかしながら偏頭痛を頭痛薬でごまかすにも注意が必要な場合があります。

 

偏頭痛を繰り返し患っている人にとって、頭痛とは単に鬱陶しい現象としか思えないかもしれませんが、頭痛とは基本的に重要な健康上のシグナルです。

 

脳に近い位置の神経が刺激されている以上、脳に問題がある場合もあり、そうなれば深刻な影響は免れません。

 

当然ながらもしそうであれば早急な対処が必要な問題です。頭痛薬というのはこういったシグナルとしての頭痛も全て強制的に止めてしまうことである、ということを肝に据えなければなりません。

 

頭痛が知らせる重大な障害には脳出血や脳梗塞などがあり、放置すれば重大な後遺症を発生させる可能性が高いものです。

 

偏頭痛はできるだけ予防するようにし、頭痛薬で頭痛そのものを無理やり消すようなことは極力避けるべきです。

 

特に偏頭痛は不意の血管拡張による神経圧迫が原因で発生していることが少なくなく、痛みの種類としても脳の出血などと区別が難しいことがあるため、偏頭痛は日頃の栄養摂取やサプリメントの利用などによって体のバランスを整え、偏頭痛の発生自体をできるかぎり予防するようにしましょう。

 

頭痛薬に頼るより副作用のないサプリがおすすめ

 

偏頭痛は原因が非常に多岐にわたり、偏頭痛が起こるたびにその原因が別々だったりすることもあります。したがってコントロールが難しく、偏頭痛のたびに頭痛薬を飲んでいると薬漬けになってしまうという人もいるでしょう。

 

医薬品としての頭痛薬は基本的に副作用が起こりうるものですから、その都度薬で散らすのではなく、可能な限り副作用のないサプリを摂取することで偏頭痛を予防していくことが重要です。普段から偏頭痛を起こりにくくしておけば、本当に問題である偏頭痛も区別しやすくなるというものです。

 

偏頭痛の予防効果が確認されている栄養素はいくつかありますが、摂取しやすい身近な栄養素にビタミンB2とマグネシウムがあります。

 

どちらも臨床試験により偏頭痛の改善効果や予防効果が確認されている栄養素ですが、水溶性ビタミンであるビタミンB2はすぐに排出されてしまうため毎日定期的に摂取することが必要、マグネシウムは摂取しすぎると下痢を伴うため過剰摂取は禁物、とどちらも摂取量をきちんと管理する必要があります。

 

そこで摂取量のわかりやすいこれらのサプリメントを用いると便利です。

 

また、一部のハーブも偏頭痛への有効性が示されていますが、天然ハーブであっても必ずしも副作用がないというわけではありませんので、個別に安全性の確認を行うことを怠ってはいけません。特に輸入物のハーブサプリメントは、意外な副作用を持ち合わせていることもあります。