偏頭痛と微熱

偏頭痛に悩む方から度々「偏頭痛の症状として微熱がある」という話を聞くことがあります。確かに、頭痛と微熱をセットで発生すると言う方は多くないながらも一定数いるようです。

 

しかし、偏頭痛自体は発熱を引き起こしませんので、偏頭痛と関連していると早合点せずに慎重な判断が必要ですし、病院にかかっていないならば一度病院に行く必要があります。そもそも、頭痛の正体が偏頭痛ではないことも十分考えられるからです。

 

偏頭痛とは不意に脳の血管が拡張することで発生する頭痛です。血管拡張は急に何らかのタイミングで発生するため、偏頭痛が起こりそうな日に熱が高くなる、などということは起こりえません。

 

脳血管が神経を刺激することで吐き気やめまいなどの症状を発生させることはあっても、発生前から微熱を伴うと言うことはメカニズム上あり得ないのです。にもかかわらず偏頭痛と微熱の関連性を感じる患者さんが多いのは、他の原因による頭痛を偏頭痛と誤認している人が多いためと考えられます。

 

偏頭痛と誤認されやすい頭痛として、緊張性頭痛というものがあります。緊張性頭痛は筋肉の緊張によって引き起こされることの多い頭痛で、これも偏頭痛と同じく定期的に引き起こされる頭痛です。頭痛というと偏頭痛の名前ばかりが有名ですが、実際には緊張性頭痛の方がずっと一般的な頭痛と言えます。緊張性頭痛は発熱を伴うことがあるため、実際は偏頭痛ではなく緊張性頭痛であることが多いようです。