偏頭痛に効くストレッチ、マッサージ

偏頭痛を薬に頼らず日常生活の中で予防したい、と考えた場合、ストレッチやマッサージが有効なこともあります。

 

ストレッチやマッサージはストレス解消と日々の疲れをとる効果が高いため、ピンポイントで偏頭痛の予防に行うというよりは、体の状態を常によい状態に保つための方法の一つとして行うのがいいでしょう。

 

一つ注意が必要なのは、特にマッサージは偏頭痛が発生している真っ最中に行ってしまうと悪化する可能性が高いです。

 

偏頭痛は血管の拡張によって発生している痛みであり、血流をよくするマッサージは痛みを増幅させてしまうことが強く考えられます。

 

もし偏頭痛の真っ最中にマッサージを行い改善されたならば、それはおそらく偏頭痛ではなく緊張性頭痛でしょう。

 

緊張性頭痛と偏頭痛の対処法は大きく異なるため、もし偏頭痛だと思っていたものがマッサージや血流改善を伴う手法で改善されたならば、確認のため一度病院を訪ねることをおすすめします。

 

偏頭痛の最中にマッサージなどを行うことは勧められないため、基本的には予防として日常的に行うことが推奨されます。

 

偏頭痛の原因となる脳の血管の変調を防ぐために、脳に近い顔や肩などの筋肉の凝りをほぐしたり、偏頭痛の最中でなければ血行を改善する試みも全く問題ありませんので、肩や首を伸ばすストレッチも有効です。普段から血流をよくしておくことで、血管の異常な動きを防ぐことができるのです。