偏頭痛とめまい

めまいもまた、偏頭痛にはありがちな症状の一つです。めまいは単に辛いだけでなく、急に発症して平衡感覚を失うと大事故にも繋がりかねないため、特に注意が必要な症状と言えます。

 

めまいは想像以上に偏頭痛と関連の深い症状です。反復的なめまいを訴える方の半分弱は偏頭痛によるものという調査結果もあるほどで、これの解消は偏頭痛持ちの方にとって重要な問題です。

 

症状自体は偏頭痛の特効薬であるトリプタン系の薬を飲むことで消失しますが、前述の通り不意にめまいが起こると非常に危険なことがあるため、常備薬があるから安心とはいきません。運転中にめまいが起これば交通事故の引き金にもなります。

 

他の症状と同様にめまいを起こさないためには偏頭痛そのものの予防や改善を行わなければなりません。偏頭痛の発生を招くグルテンやグルタミン酸ナトリウムを含む食事は制限し、不意の血管拡張が発生しないように気をつける必要があります。

 

また血管収縮作用のあるカフェインを含んだ飲料、コーヒーやお茶などを普段からたしなみ、特に運転前や運転時の休憩中に飲むと多少の予防効果を得ることができます。

 

また、運転前に予防的な偏頭痛・めまい用の薬を服用することも考えた方がいいでしょう。めまいは体のコントロールを失わせるため、想像する以上に重大な問題です。どうせ偏頭痛の症状ですぐに収まるからと軽視せずに、対策は怠らずに十分な注意を払うようにしましょう。