偏頭痛に伴う症状

偏頭痛が発生するときに、同時に何らかの症状を伴うことを経験される方は少なくありません。偏頭痛の発生メカニズムを考えれば様々な症状を併発することは十分に考えられることで、問題は、それらが深刻な脳の障害・疾患の危険信号と類似しているということです。

 

偏頭痛は繰り返し起こるものですから、そのたび毎回最大限の注意を払うわけにはいかないかもしれませんが、いつもと違うような違和感を覚えたらすぐに病院へ行くなど慎重な姿勢が必要とされます。

 

偏頭痛に伴う症状として最も多いものは吐き気・嘔吐です。偏頭痛は血管拡張に伴い脳の組織が圧迫されることによって起こるため、部位によっては強い吐き気が生じることがありますし、全く生じないこともあります。

 

脈打つような痛みに合わせて吐き気も強まっていく傾向があり、痛みと併せて非常に辛いものとなります。この吐き気は吐き気止めの薬が有効ですが、痛み止めを合わせて飲まないと痛みによって吐き気がぶり返すこととなります。

 

偏頭痛はただの鎮痛効果のみを持つ痛み止めでは効果がなく、血管収縮効果を持つ偏頭痛用の痛み止めではなければ効かないため、吐き気止めと共に適切な痛み止めも用意しておく必要があります。

 

その他、めまいや耳鳴りと言った脳の障害と似通った症状が多数でる可能性があります。ひどい場合はろれつが回らなくなったりすることもあり、いつもと違う症状が出たら念のため病院で診察を受けましょう。